国際結婚in上海

老舗 鉄人52号復活!

その後の仁義なき戦い

何もしないでランキングトップ返り咲きとは、待てば海路の日和ありってとこか。
このところランキング人気も低下しているから、嬉しさも微妙だなぁ・・・・

その後の近況報告です。
女房はひょんなところで中国の漢方医と知り合い、現在手術しなければならない悩みを抱えていることを相談したら、漢方で腫瘍が小さくなるかも知れないと一縷の希望を持たされ、病院手術は勝手に延期してきてしまった。
こうと決めたら人の忠告など耳に入りませんからね。
まぁこれで最悪事態にでもなったら、これも本人が持って生まれた寿命でしょう。

私は私でただでさえ体調が悪いところへ持ってきて、風邪をこじらせ肺炎に。
レントゲン写真を前に片肺の下部が白くなっているのが肺炎の証拠と、医師から説明を受けた。
まぁ入院するほどではないから3日間抗生物質の点滴をすれば治るでしょうと、パソコンのキーボードを打つ指が超スローモーな老医師は語った。
私も以前中国で突発的に肺炎を患い、3日間の点滴と受けて、難なく完治した経験があるので、全く疑うことなくそれに従った。ところが3日間真面目に点滴を受けても熱が下がった程度で、全身の倦怠感と息苦しさは変わらない。
肺気腫の持病があるから息切れはそのせいかとも思うが、何となくいつもの苦しさとは違う。
いつもの息切れならしばらく休んでいれば、自然と収まって来るのだが、肺炎のそれは絶え間なく苦しい。
私の掛りつけ病院は総合病院ではあるが、規模はかなり小さい。
常駐の医師は少なく、一般内科など週1回勤務で回して感じだから、毎日医師が変わる。
最初に掛かった医師とは違ったが、背に腹は代えられず、再びの診察をお願いした。

自信過剰気味の若い女医さんが、

「それじゃ、もうワンクール、3日間の点滴を追加しましょう」

何だかそんな風に言われるんじゃと思っていたが、こっちはこのまま同じことをやっても全く治る気がしない。
だが素人があれこれいっても仕方がないと思い、その日4回目の点滴をやって苦しさに喘ぎながら帰宅くした。

翌日はかなり強い雨、まったく弱り目に祟り目だ。
タクシーを拾うにも苦しくて大通りまで歩いて行けそうもない。
バイクなら10分も掛からないので、意を決して中国から持ち帰った合羽を被り病院まで走った。
満開を迎えた桜が雨に叩かれ、無情にも散らされた花びらが哀れだったが、今の私は感傷に浸る余裕などない。

417.jpg
(怪我の功名か、今年は思わないところで花見が出来た)

点滴で呼ばれるのを待つ間、かなり苦しそうな様子を見た看護師が、

「だいじょうぶですか、かなり苦しそうだけど」
「もう四六時中苦しいんです、ハァハァ」
「それじゃ、点滴前にもう一度診察を受けた方がいいですね」
「毎回違う先生だけど大丈夫ですか?」
「それはカルテを見れば分かりますから大丈夫です」

今日はあまりの具合悪さに心配した女房が付き添って来ている。
呼ばれて診察室に入ると、今度は四十半ばの中堅医師。
テキパキとした物言いが自信を窺わせるが、2日前の女医さんも自信の塊のよう人だったから、全面的信頼は出来ない。
開いたドア越しに中を見つめていた心配顔の女房と、医師の目が合った。

「奥さんですか?どうぞ中へ、一緒に聞いてもらった方がいい」

待ってましたとばかりに遠慮なく女房は入ってきた。
狭い診察室、中国人らしくどこか不遜な空気を放っている。
医師はカルテを片手にレントゲン写真を見て、

「肺炎で間違いないですね、点滴4回やって効果がないようなので内服薬に変えてみましょう」

突然女房が口を挟んだ。
もういい加減なことは許さないとばかり、気の強い中国人妻が舌鋒鋭く切り出した。

「主人は中国でも肺炎になったことありますけど、2日か3日でよくなりましたけど、もっと強い薬はないんですか!」

日本へやってきて、もう25年にもなるのに、まだ微妙にイントネーションがおかしい奴。
私は思わず冷や汗タラリ、やっぱりお前は外で待っていろと言うべきだった。

「あれは随分前の話だし、今度のはタチが悪いんだよ」
「そんな前じゃないよ」
「まぁ奥さんが言いたいことも分かりますけど、中国は中国、日本は日本のやり方がありますから」
「私がもし強い薬を出して、もしものことがあったら医師免許が剥奪されてしまいますからね、それは出来ないんですよ」

正直、点滴4日間で治る気配もなかったから、こっちは飲み薬なんかで治る訳がないと疑心暗鬼。
これで治らなければ入院だとも付け加えられた。
出来れば入院なんぞしたくない。

1日1錠厳守をしつこく言われ、、とりあえず帰宅後すぐに1錠飲んだ。
そうしたらどうだ、世の中は奇怪なことがたまに起きる。
それまで土砂降りだったのが、いきなり晴れ上がったように夕方に症状は見事に好転した。
翌日にはほぼ完治の気分、理髪店に出向き髪を切ってサッパリしたことからもその激変ぶりが分かる。

服薬後3日を経て再々度胸部レントゲンと血液検査を受けたら、胸の白い靄がかった病巣も半分以上消え、血液検査の数値も元に戻りつつあった。
この日診察を受けたのは、一番最初に診てくれたパソコンのキーボードを打つ指ももどかしい老医師。
「それはよかった、よかった」と治療が上手くいったことを一緒に喜んでくれた。
今時珍しい人情医師であった。
良くなっても1週間はなるべく安静にして薬を飲み切り、最後に内服薬に切り替えてくれた中堅医師のお墨付きをもらえば晴れて放免の運びとなった。

女房は自分が抗議したから強い薬を出してくれたんだと思い込んでいて、私の感謝しろと言わんばかり。
まぁ花を持たせて、そういうことにしておいてやろう。
まったく激動の10日間でありました。

色々なことがあって一時は上海行きも危ぶまれていたが、今年も行く予定です。
私にとっては今年が最後になるかも知れませんがね。


   
1日1回の応援クリックをお願いします。

PageTop

Comments


Only the blog author may view the comment.
 

鉄人さん、お久しぶりです。
ブログの更新が止まっていたので心配しましたが、お元気そうでなによりです。上海旅行を計画されているとの事ですが、今年はなんとか鳥インフルエンザのニュースも収まりつつありますが、今朝の新聞ニュースでは、中国ではスパイ罪の疑いで日本人等が捕まっているとの事です。注意が必要ではありますが、大気中のPM2.5等が酷いので、病み上がりの肺には辛いのではと思いますね。

もう、実践されていたら、ごめんなさいね。日本の薬局で高性能のマスクを購入されていかれる事を推奨します。

のりた | URL | 2017-04-16(Sun)08:00 [Edit]


取りあえず

取りあえずお元気になられたようなので安心しました。
年寄りの肺炎は怖いですからね‼
肺炎に限らず、年寄りは「余力が無い」ので、「この程度なら」と思っていても、あっと言う間に悪化してしまいますから、早目、早目に医者に行く習慣をつけることです。最も、行った先の医者が藪だと…
まあ、その時は天命かと(^^;

Q太郎 | URL | 2017-04-17(Mon)15:19 [Edit]