国際結婚in上海

老舗 鉄人52号復活!

エアコン決死隊(2)

 午後一番でエアコン取付の若者が2人やって来た。
この若者たちもまず玄関口でスニーカーにビニール袋を被せて部屋に入ってきた。
中国だって競争社会になり、いつまでも気を使わない横柄な仕事をしている訳にもいかなくなったのだろう。
これが世の流れというものだが、ちょっとした感動だ。
リーダー格の若者が取付け場所を確認すると、手際よく段ボールの箱を開けエアコン本体を取り出し、室内機に冷媒管を付け始めた。
私は今までこんな場合、なるべく顔を見せないよう別室に籠って出て来ないのが常だった。
女房が私との年の違いからくる気後れと、夫が日本人であることがバレると料金が高くなりそうな心配から、チョロチョロ出て来るなときつく言われていたからだ。
私が20年にも渡って上海に長期滞在を繰り返していても、とうとう中国語の日常会話も儘にならずここまで来てしまったのは、私の語学才能が著しく低かったこともさることながら、こういったことも遠因としてあったんじゃないかな。
だがもうそんな心配はいらない。今の中国は世界第2位の経済大国になり、もはや日本を下に見る風潮さえある。
昔は日本人とみるやみんな金持ちってイメージがあったが、それはまだ中国が貧乏だったからそう見えただけで、今や中国の新興成金には到底かなわない。
例えば昨日百貨店の食料品売り場に行ったのだが、日本の八朔ミカンに似た果物が1個50元(800円)で並べられていた。
「こんなに高いの誰が買うんじゃい」と半分嘲笑うように通り過ぎようとしたら、中国人のセレブ風奥様が無造作にカートへ2個入れて立ち去って行った。
大きさで比較はできないだろうが、今が旬の西瓜なら結構大きい奴でも20元くらいで買えるってのに。
輸入物なのか、特別甘いのかは知らないが、うちじゃ馬鹿馬鹿しくってとても買わないけどね。

そんな訳で、もう逃げたり隠れたりはしない。
仕事ぶりをしっかり見させてもらって、ブログネタがない時だから、写真もバッチリ」撮らせてもらった。
439.jpg
(土足厳禁マナーの定着、職人が履いてる青いビニールカバーに中国の進歩を見た)

若いが熟練技術者なのか、あっという間に2台の室内機取付完了、さて今度は見所である地上15階での室外機取付けだ。
背中に装着した太い命綱が、サーカス芸のような危険な香りを漂わせる。
20年前より手間賃は上がったかも知れないが、相変わらず命の値段は安いままのようだ。
命綱のフックをどこに掛けるのかと思っていたら、室外機を乗せるL型金物に引っ掛けた。
あとは補助的に助手が手の甲に綱を巻き付けて、窓の上から見守っている。
これでひとたび足を滑らせて落下しそうになったら本当に支えきれるのか、甚だ疑問に思うところ。
慣れているとはいえ、ざっと地上45mの目も眩む高所だ。
私なんか隣室の窓から写真を撮るだけでも背筋がゾクゾクするってのにね。
438.jpg
(命知らずの度胸の良さに、思わず拍手したくなった)

力持ちの助手がソロソロと重い室外機を吊り下ろす。
息の合った連携で、室外機を無事L型金物の上に乗せ、まずは第一難関突破!
あとは冷媒管を本体に接続すればOKなのだが、突然、携帯の呼び出し音。
切れ、切れ、出るな、危ないぞ!見ているだけの私だって状況が状況だけに気が気じゃない。
ところが本人は余裕しゃくしゃくで、あの掴まるところもない高い場所で悠然と話している。
いい度胸してるじゃないか!日本ならテレビに出られるぞ。

真夏のギラギラと照り付ける暑い日差しの中での奮闘1時間半。
アクシデントもなく無事取付けが終わった。
試運転をして作動を確かめ、リモコンでなにやら本体に送信したと思ったら、ピー音で反応した。
これで取り付けが完了し、問題なく作動していることが本部でも分かるとか。
なんでもインターネットの時代になってしまった。
インターネットが扱えなきゃ、生きていかれないといっても過言じゃない。
私なんか女房のお陰でインターネットのホントの端っこを齧らせてもらっているが、女房と縁がなかったら殆どパソコンに触れることもなかったと思う。

すべて完了して引き上げ支度をしているので、女房にソッと聞いた。

「残ったあの段ボール持って行ってくれないのか」
「あれはいいの、調子が悪くて返品する時に必要だから」

もし調子が悪くて交換する場合、元の段ボールに納めて返品しなきゃならないからとリーダー職人に言われたそうだが、私にはピンときた。
段ボール片付けるのが面倒だから、体よく押し付けられたなと。
単純な女房は、返品時の心配までしてくれるあの職人さんはとってもいい人だと褒め称え、2週間以上経った今でも、もし故障したら必要だからと捨てないでいる。
大きい箱だから邪魔でしょうがないが、女房の機嫌を損なうともっと大変なので渋々我慢している。

                        エアコン決死隊 おわり

   
1日1回の応援クリックをお願いします。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する